自律神経バランスが整うと痩せる

当サイトでお伝えしたいこと・・・

それは 自律神経を整えると痩せるという事実です。

驚くほどのスピードで余分な脂肪が落ち、あなたが目指す理想的な体型に近づいていく肌のキメが整って目の輝きが増し、見違えるほどキレイになります。

これは食事制限も大変な運動もなく、短期間で、時間もお金もかけずにラクラク。しか も、健康的に、あなたの体を変えていくことができます。

こんなうまい話あるわけないんじゃ・・・、と疑われてもおかしくないかもしれませんね。でも、そんな「理想の美容法」を、じつに5年もの年月をかけて医学的検証を徹底的にくり返し開発しました。

当サイトに書く「自律神経トレーニング」を1日5分だけ行なえば、太りにくくやせやすい体質を手に入れ、内側からより美しくなることができるのです

 

自律神経を整えると、健康になる

「自律神経トレーニング」は、ただ体重が落ちてキレイになるだけではありません。

「もっとも効率よく自律神経を整えることで、体脂肪を燃やして美しくなる」メソッ ドですから、取り組む過程で、必ず自律神経のバランスが整います。

「自律神経のバランスを整えると、いつまでも健康でいられる。つねに心と体の 子がよく、仕事も日常生活もより充実する」。

 

これは、多くの専門家が今まで数多くの著書テレビ、ラジオなどのメディアを通して発表してきたことです。

つまり、「自律神経トレーニング」を行なうことで、 免疫力がアップし病気にならない、グッスリ眠れる、便秘体質が改善する、手足 の冷え・むくみがなくなる、アンチエイジング効果、肩こりの解消、更年期の症状緩和といった、数々のすばらしい変化が全身に起こります。

さらに、体がベストな状 態に保たれることで、頭の回転が速くなる、記憶力がよくなる、集中力が増す、いいアイデアを思いつく、ストレスがたまりにくくなる、メンタルが強くなる、などの、脳や心の変化も得ることができるのです。

 

体の声に耳を傾けてみると

私は長年、「なぜ人は 病気になるのか」ということを1つのテーマとして、医学について調べてきました。

そしてようやく、長年の謎を解くカギが「自律神経のバランス」にある、ということががわかりました。

自律神経とは、体じゅうに張りめぐらされている末樹神経の一種で、心臓を動か 血液を流すといった体の働きをコントロールしています。

緊張してドキドキし たり、急に寒いところに行くと鳥肌がたったりする体の現象も、すべて自律神経が 引き起こしています。自律神経は、2つの神経(交感神経、そして副交感神経)に大きく分けられます。

交感神経は、アクセル役。交感神経が高まると、心拍が速くなったり、血管が収縮したりします。体は緊張・興奮モードに入ります。

一方の副交感神経は、プレーキ役。副交感神経が高まると、心拍はゆっくりに なって血圧も降下。体はゆったりと落ち着き、リラックスモードに入るのです。

この交感神経と副交感神経が、同じくらいのレベルでしっかり働けるようにすることで、私たちの体は劇的によりよい方向へと変わっていきます。

特に、副交感神経レベルを上げることで、体全身の活力が向上することがわかっています。

最近では個人の書いたダイエットブログも沢山ありますが、参考になるのはごくわずか。であるならば、しっかり医学的根拠をもったサイトを参考にしてほしいと強く願います。

家具は自分の身体に合ったサイズを

デスクワークをしている方は一つチェックしてみて下さい。

基本的な差尺(椅子の座面から机の厚みを抜いた高さの差)は合っていますか?

標準的な差尺は一般的に30㎝とされています。これより差があっても、椅子が低すぎます。少なくても、椅子が高すぎて首が曲がってしまうことでしょう。

椅子と机がセットになっている物を購入したのであれば問題はないと思いますが、単品で求めた場合、合っていない場合もありますので長年使用している間には疲れも無理も生じてくることでしょう。一度測ってみることも大切です。

ご家庭などのキッチンのワークトップの高さもJIS規格にて決まっています。

以前は800㎜が主流でしたが、女性の身長がだんだんと高くなっている傾向によって、現在では850~900㎜位が標準となっています。

主婦がキッチンに居る時間は以外と長いものなのです。(旦那様の仕事の標準時間位は居るのではないでしょうか。)

 

今現在のワークトップは伸縮も自在でオーダーも可能です。長時間居るのであれば、新築時や増築時にはそのようなことも考慮されて、設計も相談された方が望ましいでしょう。

人間のモジュール設計は大体は決まっていることではありますが、自分自身でも、概ねの把握、スケール感覚は身につけておいた方が、何かを購入する際にも便利です。なるべく体に負担をかけないようにするために、そのような規格的(寸法的)工夫も大切となるのではないでしょうか。